田辺市医師会

花粉症情報

田辺市医師会では、花粉症対策として、毎年特定月の花粉飛散量を観測し、
最新情報をこちらより公開しています。

スギ、ヒノキ花粉飛散情報終了のお知らせ

 

春のスギ、ヒノキ花粉の飛散がそろそろ終わろうとしています。

今春のスギ花粉は、飛散開始2月16日、飛散ピーク3月6日、総量3023個/㎠でした。飛散開始は平年(2月11日)より少し遅く、昨年(2月17日)とほぼ同じ、ピークは平年(3月11日)や昨年(3月14日)より早く、総量は平年の3300個より少なく、昨年の2444個より多くなりました。

ヒノキ花粉は、飛散開始3月16日、飛散ピーク3月29日、総量3003個でした。飛散開始は平年(3月21日)より早く、昨年(4月2日)より早く、ピークも平年(4月7日)や昨年(4月13日)より早く、総量は平年1400個や昨年の1670個より多くなりました。

気候の影響で、スギ花粉飛散開始以外は、他の植物と同じく早く飛散しました。

スギやヒノキ花粉のアレルギーの方は、この飛散に一致した症状になったはずです。むしろ4月5月に症状が強くなる方は、ブナ科花粉(カシ、シイ、クリ)、イネ科花粉やダニ等が原因かもしれません。正確なアレルギーの原因(抗原)を検討して下さい。

4月30日で、平成30年春のスギ、ヒノキ花粉の飛散情報を終了いたします。

図① 平成2年から29年までのスギ花粉とヒノキ花粉の飛散量

図② 平成24年のスギ花粉とヒノキ花粉の飛散(平均的な年)

 

 

図③ 平成25年の花粉飛散(ヒノキ花粉の多かった年)

 平成30年4月27日
               坂口耳鼻咽喉科医院 坂口幸作