田辺市医師会

花粉症情報

田辺市医師会では、花粉症対策として、毎年特定月(2月・3月・4月)の花粉飛散量を観測し、
最新情報をこちらより公開しています。

令和2年花粉情報

 1年が速く感じます。
また春の花粉の飛散時期がやってきました。
飛散終了時に報告させていただいた通り、平成31年のスギ花粉は予想をはるかに超える大量飛散になりました。平成21年の最高飛散とほぼ同じ1㎠当たり10,000個(平均は3,300個)の飛散でした。

多量飛散だった平成21年の翌年は極めて少ない1,000個の飛散となっています。今年のスギ花粉飛散は平年より少ない2,000個程度かと予想されています。
患者さんにとっては比較的楽に過ごせる、いい春になると思います。
ただ、ヒノキ花粉の予想は難しいのが現状です。油断されないように。

 飛散開始の時期は、暖かい春は早く、冷たいと遅くなります。
梅の花が満開近くなっていますので、そろそろ飛散が始まるかと思います。
昨年11月から少量ですがスギ花粉はずっと飛散しています。1㎠当たり1個以上の花粉が2日続いて飛散した初めの日を飛散開始日とする約束になっています。1㎠当たり1個以上の日は何度かあるのですが、2日続いての飛散はありません。でも、もういつ飛散開始になってもおかしくない時期にきています。

 昨年の飛散の状況です。
2月20日から3月10日にスギ飛散のピークがあり、約1ヶ月遅れでヒノキ花粉が飛散します。同じ植物の花ですと、梅が満開近くになるとスギ花粉がぱらぱら飛び始め、桜と同じに咲くのがヒノキです。春の花粉時期は、梅が満開から桜が散るまでと思って下さい。

 今年もスギ花粉とヒノキ花粉の飛散情報を掲載させていただきます。
参考にしていただけたらありがたいです。
4月末までお知らせします。

                  令和2年2月1日

                      坂口耳鼻咽喉科医院  坂口幸作