田辺市医師会

感染症情報

田辺市の最新感染症状態の動向を掲示しています。 感染症警報発生の見方

2024年感染症 最新報告(第05週~第08週)

本年の状況はこちら
前年の状況はこちら

感染症名 定点合計総数
1/29~2/4
第5週 

2/5~2/11

第6週

2/12~2/18

第7週

2/19~2/25

第8週

インフルエンザ 45 25 35 51
COVID-19 81 79 57 51
RSウィルス感染症 0 0 0 1
咽頭結膜炎 1

1

16 1
A群溶連菌咽頭炎

45

35 19 26
感染性胃腸炎 10 25 13 7
水痘 0 0 0 1
手足口病 0 0 0 0
伝染性紅斑 0 0 0 0
突発性発疹 0 0 0 0
百日咳 0 0 0 0
ヘルパンギ-ナ 0 0 0 0
流行性耳下腺炎 1 0 0 1
急性出血性結膜炎 0 0 0 0
流行性角結膜炎 0

0

0 0
細菌性髄膜炎 0 0 0 0
無菌性髄膜炎 0 0 0 0
マイコプラズマ肺炎 0 0 0 0
クラジミア肺炎 0 0 0 0
感染症胃腸炎(病原体がロタウィルス。) 0 0 0 0
※ 百日咳は、全数報告となります。

感染症の動向

コメント: うえはら小児科 上原医師

紀南地方感染の動向 令和6年第8週 (2月19日~2月25日)
1 今週新型コロナは51例の報告、微減。
2 インフルエンザの報告は51例となって増加中。当方ではやはりB型が多い。
3 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎は29例、基本の抗生剤が入荷しない。
4 感染性胃腸炎は7例の報告。

紀南地方感染の動向 令和6年第7週 (2月12日~2月18日)
1 新型コロナはなお57例とやや減少しつつあるのかもしれない。
2 インフルエンザの報告は35例となっている。当方ではB型が多いようだ。
3 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎が19例と減少中か。
4 感染性胃腸炎は13例と少し減少している状況。
5 咽頭結膜熱は16報告とかなり多くなっている。

紀南地方感染の動向 令和6年第6週 (2月5日~2月11日)
1 新型コロナはなお79例と高止まり増加中。
2 インフルエンザの報告は25例と半減状態になっている。
3 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎が35例となる。多め推移中。
4 感染性胃腸炎は25例と増加の報告。

紀南地方感染の動向 令和6年第5週 (1月29日~2月4日)
1 新型コロナは81例とやや高止まり増加中。
2 インフルエンザの報告は45例となっている。
3 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎が45例となる。これは倍増中。
4 感染性胃腸炎は10例の報告。