田辺市医師会

感染症情報

田辺市の最新感染症状態の動向を掲示しています。 感染症警報発生の見方

2022年感染症 最新報告(第27週~第30週)

本年の状況はこちら
前年の状況はこちら

感染症名 定点合計総数
8/29~9/4
第35週 

9/5~9/11

第36週

9/12~9/18

第37週

9/19~9/25

第38週

インフルエンザ 0 0
RSウィルス感染症 11 3
咽頭結膜炎 0

0

A群溶連菌咽頭炎 0 0
感染性胃腸炎 0 0
水痘 0 0
手足口病 9 8
伝染性紅斑 0 0
突発性発疹 0 2
ヘルパンギ-ナ 2 9
流行性耳下腺炎 0 1
流行性角結膜炎 0

0

細菌性髄膜炎 0 0
無菌性髄膜炎 0 0
マイコプラズマ肺炎 0 0
クラジミア肺炎 0 0
感染症胃腸炎(病原体ノロウィルス) 0 0
百日咳 0 0
※ 百日咳は、全数報告となります。

感染症の動向

コメント: うえはら小児科 上原医師

紀南地方感染の動向 令和4年第36週(9月5日~9月11日)
1 今週になりRSウイルス感染症の報告が3例となり、減少傾向にあるようだ。
2 手足口病の報告は先週並みに8例と多めである。
3 加えてヘルパンギーナの報告も9例と目立つ状況である。
4 流行性耳下腺炎の報告が1例 これは予防接種で防げる感染症であるので、一考を要する。

紀南地方感染の動向
令和4年第32週(8月8日~8月14日)、第33週(8月15日~8月21日)、第34週(8月22~28日)、第35週(8月29日~9月4日)
1 報告の日時が多少遅れたりずれたりしたので纏めて記載する。第32週~第35週
2 この4週の間に、RS感染症が急増している。35週は11例、恐らく2才以下での検査であろうから、年長児にはもっと流行してる可能性がある。
3 それと同時期に、手足口病の増加というか急増がある。35週には9例と多く発生している。
4 インフルエンザの報告はまだない。
5 感染症として発熱外来での話であろうが、咽頭所見からヘルパンギーナの報告も増加している。
6 この週は眼疾が今までに比し少ないように見える。