田辺市医師会

感染症情報

田辺市の最新感染症状態の動向を掲示しています。 感染症警報発生の見方

2018年感染症 最新報告(第29~第32週)

本年の状況はこちら
前年の状況はこちら

感染症名 定点合計総数
7/16~7/22
29週 
7/23~7/29
30週 
7/30~8/5
31週 

8/6~8/12

32週 

インフルエンザ 0   0  
RSウィルス感染症

9   6  
咽頭結膜炎

0   0  
A群溶連菌咽頭炎 8   5  
感染性胃腸炎

 5    0  
水痘

 3    1  
手足口病

 1    0  
伝染性紅斑

3   0  
突発性発疹

 2    2  
ヘルパンギ-ナ

8   7  
流行性耳下腺炎

0   0  
急性出血性結膜炎

 0    0  
流行性角結膜炎

 1    1  
細菌性髄膜炎

 0    0  
無菌性髄膜炎

0   0  
マイコプラズマ肺炎

1   0  
クラジミア肺炎

0   0  
感染症胃腸炎

0   0  

感染症の動向

コメント: うえはら小児科 上原医師

第32週コメント
  • A群溶血性レンサ球菌感染症は5報告。
  • ヘルパンギーナ7報告、RSウイルス感染症もなお6報告と目に付く。
  • ここ4~5週の間、RSウイルス感染症の報告が続く。
第31週コメント
  • A群溶血性レンサ球菌感染症は6報告。
  • ヘルパンギーナ及びRSウイルス感染症はともに5報告。
  • 全体に感染症も外来も僅少の季節にかかわらずマイコプラズマ肺炎やクラミジア肺炎の報告がある。
第30週コメント
  • A群溶血性レンサ球菌感染症は8報告となり、アップダウンする状況。
  • ヘルパンギーナは8報告。
  • RSウイルス感染症が3から5さらに9報告となっている。夏なのに。
第29週コメント
  • A群溶血性レンサ球菌感染症は1報告と急減。
  • ヘルパンギーナは5報告となりこれも減少中。
  • 冬カゼのRSウイルス感染症が3(先週)から5報告となっている。要注意。
第28週コメント
  • A群溶血性レンサ球菌感染症は9報告となお多めの状態。
  • ヘルパンギーナは12報告となり流行中のようである。
  • 今回、なぜかRSウイルス感染症が3報告となっている。
第27週コメント
  • A群溶血性レンサ球菌感染症は6報告となる。
  • ヘルパンギーナも8報告となり小さく流行中と云えよう。
  • 手足口病とか感染性胃腸炎はそれなりの発生であるが、水痘は気になる発生状況である
第26週コメント
  • A群溶血性レンサ球菌感染症は増加して9報告となる。
  • ヘルパンギーナも6報告となり足踏み状態。
  • 先週頃から、発生数は少ないが、種類の多い感染症状況となっている。